12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

励みになります! ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2009-01-29 (Thu)
リングで編み終わった時のマジックスレッドの成功率が低いので練習としてこの本を1から順番にやってみることにしました。と言っても、私が持っているのは英語版です。
この本はレッスン向きだと思います。
リング間に渡す糸の長さやピコの大きさとか、気を遣って作らなければ歪んでしまう物も多く。デザインは簡単なのに難しいような。

画像は後日。まだアイロンしていないのです。
DSCF3880.jpg
ダイソーレース糸 40番
「モチーフ&エジング101」1(上 12×5cm)、2(下 7.5cm)

1の方はなんだか微妙な形になってしまいました。アイロンでなんとか整えてますが、渡す糸が明らかに短かったです。長さが読めない……。
2の方はとにかくマジックスレッドが課題でした。

マジックスレッドがうまくいくかどうかはやっぱり手加減の問題なんだなぁ。
もう少し優しく編むように心がけなきゃ。
編みながら手加減がキツくなった理由を思い出しました。
目の詰め方が甘くてリングのサイズがバラついたり、リングつなぎで編んでいる最中に渡した糸を引っ張っちゃってたるんだりしてたのでキツく締めるようになったんですよね。

ベージュ色のドイリーで外周がラッフルになって困ったのも原因かも。
まぁ、初心者向きのデザインじゃなかったよね……。
因に、タティングはじめ以外は作った順番にUPしています。というか、作ったもの全部UPしています。

今度、「タティングレース 新しい世界」から『ローズ・ガーデン』を作ろうと思っています。糸はDMCコルドネ100番で。
『華麗』をDMCコルドネ70番で作ったときに針で糸始末をするのは(細い縫い針使ったんですけど)難しいと思ったのでマジックスレッドにしようと。
『華麗』の外周モチーフでも少し使っているんですが上手くできなかったりしたので1/4くらい作ったところでやめてしまいました。導入糸邪魔だし……。

The Small Cross(絹手縫糸9号)』を作ったときにどうやって糸始末したのかさっぱり覚えていません。
スポンサーサイト

励みになります! ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村
* Category : モチーフ&エジング101
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2009-01-28 (Wed)
DSCF3891.jpg

「モチーフ&エジング101」の洋書版「TATTED ARTISTRY of TEIKO FUJITO」
日本語版はリング綴じになっていて見開きにしやすいそうですが、洋書版は普通の綴じ方です。
6部構成で
1.シャトル1個でつくる
2.シャトル2個でつくる
3.シャトル3個でつくる
4.テクニックを使う
5.自然モチーフ
6.エジング
こんな感じになっています。
パターンが基本のリングから徐々にテクニックがあがっていくのが一目でわかる本です。
基本からのスタートですが、(洋書版では)編み方とかは詳しくは載っていないので
「ある程度タティングができる人が腕を磨く本」
という印象をもちました。
多色使いでカラフルです。
写真と編み図が微妙に違うものとかあったりします。

この本は1番から順番に編んで行くつもりです。

カテゴリ: モチーフ&エジング101

こちらは日本語版
タティングレース モチーフ&エジング101タティングレース モチーフ&エジング101
(2001/07)
藤戸 禎子

商品詳細を見る

励みになります! ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村
* Category : Tatting Books
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2009-01-27 (Tue)
DSCF3862.jpg
タティングレース NHKおしゃれ工房
P9『ケンジントン・ガーデン』
ダイソーレース糸40番
11.5cm

四角いものが作りたくなり、これを選んでみました。
四角感を出したかったので一番外側は省略。
思い立って2、3周の間にだけビーズを入れてみました。
可愛いけど、レース糸だけの方が レース って感じで好きかもです。
外側にエジングとかを足してもう少し大きくしたいかな。

今日はタティングサイトを漂いまくってIris Niebachさんのブログに辿り着きました。
デザインのラフ画などがUPされていて、こういう風に作ってるんだなぁ…と感心しきり。いつかオリジナルデザインを作ってみたいです。

励みになります! ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村
* Category : タティングレース(NHKおしゃれ工房)
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2009-01-25 (Sun)
アンティークのシャトルを見ていると、こんなシャトルでタティングできたらなぁ…と思うのですが高嶺の花すぎます。仮に手に入れることが出来たとしても、もったいなくて使わないでしょう(笑)
クロバーの2個セットの方も持っているのですが、やっぱり普段使いにはもったいないなぁと思ったりして、カラーのをこんな風にしちゃいました。

DSCF3861.jpg

味気ないシャトルもなんとなく華やかに変身。
筋彫りをして色を溝に落としているので柄に飽きても変更できないのが難点です。でも、ペイントで柄が削れちゃうのも嫌だしね。因に色はアクリル絵の具を使ってます。ペイントしている方は画材は何を使っているんでしょう…。色が削れたりしないんでしょうか。
彫りの技術(とそれなりの道具)が無いためかなりガタガタなのがアレな感じです。道具も小学生から使っている彫刻刀ですよ。一回も研いでないわ、刃こぼれしているわで、そんな道具でよくやる気になったもんだと(笑)。
もっと細かく彫れる道具(と技術)があればもう少し凝ったデザインにしたかったんですけどねー。

ピンクのシャトルはLuckyCloverを作っている時に角を折ってしまった為、ちょっと他のと比べて短いです(耐水ペーパーで研磨しました)。その為、最初の実験台になりました。成り行きで彫っていったのでまとまりのない感じに。当たり前ですがアシンメトリーな方が彫るとき気が楽でした。でもシンメトリーなデザインばっかり考えちゃう。

励みになります! ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村
* Category : 雑記
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2009-01-23 (Fri)
NHKおしゃれ工房に載っていたモチーフを試し編み。あれ~花弁は6だったかしら?8だったかしら?とかあやふや記憶なんですが8の方が繋ぎが自然だよねぇ、と8で。
アイロンかけてないのでふわふわです。
初の2色使いですが結構いいかんじですね。沢山繋いで何かのカバーとかにしてもいいなぁ…と思うんですが糸始末が多いの確定だよなぁ~とか考えてしまいます。

DSCF3859.jpg
ダイソーレース糸40番
直径:6.5cm

励みになります! ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村
* Category : タティングあれこれ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2009-01-23 (Fri)
DSCF3858.jpg
Tatted Doilies
P9『Beatrice』
ダイソーレース糸40番
直径:15cm

爪は深爪状態ですが落ち着いたのでファブリックボックスと一緒に写っているやりかけのドイリーを完成させました。

励みになります! ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村
* Category : Tatted Doilies
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2009-01-22 (Thu)
おしゃれ工房で2月にタティングレースの放送があるというのでテキストを立ち読みしてきました。
…25分の放送でそんなに凝った物はものは作れませんよね。
タティング初めには丁度良いかもしれません。
というか、講師の方が藤戸先生の娘さんだったところに驚きました、ハイ。
あぁ、藤戸先生の本が欲しい……。再版熱望中。


励みになります! ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村
* Category : 雑記
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2009-01-16 (Fri)
爪が伸びるまで何もしないというのも芸がないので、以前から作ろうと思っていたファブリックボックスを作りました。タティングレースの道具入れです。

DSCF3856.jpg
取手と蓋押さえを兼ねたリボン付き

DSCF3853.jpg
蓋はポップオンタイプ

DSCF3855.jpg
お揃いの針山付き


材料は家にあったもののみ。1,2,3mm厚のイラストボードが常備されている謎な家。こういうのに使うにはちょっともったいないのもあったんですが、シミができてたから本来の用途にも使いづらいし丁度良かったのかも。そういえば、真綿も家にあったしなぁ。試しに作ってみようとして材料が揃わないことってあまりないかも。道具は代用品とかつかうけど。
不織布は洋裁の接着芯で代用。問題ないだろうし。
内張りの布は白サテン。可愛らしいのも考えたんですが、糸玉が中でスムーズに動くようにってのと、メインで使う糸が白、ベージュ、エクル系なので色糸くずを引き込むのが嫌でやめました。なので外張り用の生地はもっと色付きでも良かったかもです。
ハサミはそのうち「コウノトリ」「鶴」「孔雀」とかそうじゃなくても金、銀とかの優雅系のが欲しいと思っています……。こんなハサミ全然エレガントじゃないです!
あぁ、でもハサミを買うより本を買ってしまいます。
蓋はヒンジにしようかと思っていましたが、テーブルに置いたらTV見ながらタティングするのに蓋が邪魔になりそうだし、床置きでもなんか引っ掛けそうだし、とポップオンタイプにしました。
作成途中の糸玉と繋がっているレースも一緒に収納出来るようにちょっと高さを出しました。

ファブリックボックスは厚紙にレース糸を使って布を巻き、糸を使って組み立てるという手法でカルトナージュとはちょっと違うようです。詳しくはVineさんのサイトをご覧下さい。

タティングレースを知り、やり始める前にレースについていろいろと調べている時に辿り着いたサイトさんでそれからずっとボックスを作ってみたいと思っていました。
去年の10月頃からタティング用にボックスを作ろうと思い始めて、カルトナージュも調べてみたのですがなんとなくレースに合わないような感じがして(見た目そんなに変わらないだろうけど気分の問題)、ファブリックボックスだ!と。
時々作成キットを販売していて、ご案内も頂いたのですが箱のサイズが私の希望とは違ったので見送ってオリジナルで作る事にしました。参考書に「私の手作り No.40」を探し出して購入(サイト主さんによるメイキングが載っています)。そして、恒例「基本無視!」。ちょっと計算と違った部分もありますが気にしなーい。言わなきゃ誰もわからなーい。
そうそう、Vineさんのサイトにはボビンレースで辿り着いたんですよね。で、暫くしてから図書館から本を借りてボビンレース(否、代用割り箸レース)をやってみたんですが、例のごとく「作ってみたい物からチャレンジ!基本無視!」で見事玉砕しました。
基本をやらなかったのが当然原因なんだろうけど、最初にボビンが沢山必要なのも手が出にくい要因の一つだと思います。

Return


励みになります! ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村
* Category : その他ハンドメイド
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2009-01-07 (Wed)
数日前、左の親指の爪のピンク部分の上から3ミリくらいのトコに右側から真横にヒビが入りました。
ヒビというか割れたんですけど。
気付いたらそうなってたんですね。
最初は幅1~2ミリくらいのヒビで気にしていなかったのですが日々進行していき今は5ミリほどに。
ちょっと親指で何かを押さえると割れた爪がポコっと浮いてきます。
それが進行する原因なんでしょう。
5日までは浮いたら押して戻す、ってカンジで普通に生活、タティングしていました。
今日もタティングはじめたら、その爪の浮き加減が明らかに昨日までとは違うカンジに。
タティングするとき多用する指なので、何かの弾みで剥がれたらオソロシイので爪が伸びるまでタティングはお休みします……。

励みになります! ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村
* Category : 雑記
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2009-01-05 (Mon)
DSCF3820.jpg
ElegantTattingPatterns
P6『Crowning Touch』
ダイソーレース糸40番
直径:42cm

先日のBasket of Cloverから続くドイリーです。
42cmという今までで一番大きなサイズになりました。作り終えて重さを量ったら40g。2玉分なのにも驚きました。大きい物は保管に困るのですが写真を見たら作りたくなっちゃったんですよねぇ。どうしましょう。

英語の解読にも手間取るし、写真で判断するにも完成サイズに対して写真が小さくて判別できないしで結構困りました。英語はさっぱりわからないのです……。ネット翻訳で、多分こうだろう……という予想で進めていったので、あっているかどうか謎です。


DSCF3822.jpg

前の段と繋げる時に、上下交互にジョインしたり、2段同時に進めたりと華やかな印象に仕上がるドイリーだと思います。


DSCF3823.jpg

赤矢印のようにリング1つに2個のジョセフィンノットを繋げるところで黄矢印のように1つしか繋げてないところが4カ所あることを最終段を編んでいる最中に気付いてヘコみました…。この部分、2段前なんですよね。もう一段早く気付いていたら直したのに!!最終段だし、平にもなるしでそのまま仕上げました。この部分のミスだけが心残りです。

仕上げの時もサイズがネックで、手作りドイリー用ピン台に収まらなくて四苦八苦したという…大きい物はいろいろ大変です。

そうそう、ツイストチェインの部分で「tiny picot」と「small picot」の2種類の指示があったんですが違いはなんですか……。
わからなかったのでどちらも同じにしてしまいました。

励みになります! ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村
* Category : Elegant Tatting Patterns
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。