12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

励みになります! ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2009-11-24 (Tue)
193.jpg
5月7月にもやっているモチーフ繋ぎドイリー試作の第3弾。

134_3.jpg
この表紙です。
7月は「Priscilla Tatting Book No.3」とどちらにしようか迷っていましたが、好みは Anne さんの方なのでこちらで。
今度はDMC100番です。隣は国産40番。詳しくは7月の記事見て下さい。
50番糸で作って直径1m程になりそうなドイリー、少し小さくしたいので100番です。
センターモチーフが直径3.8cm。ドイリーにすると簡単な見積もりで65cm。
65cmならアリかな…でも仕上げも保管も困るかも。大きいのも作ってみたいけど、程々サイズにとどめておきたい矛盾したこの気持ちをどうしよう。

普段は40番糸なので100番は「細い糸」と思っていたんですが、思い込みが過ぎたのか指ぬきで絹手縫糸9号を使っていたせいなのか「100番って思ったより太い…」などというおかしな感覚になってしまいました。

「Anne Orr's ~」を手に入れる前、表紙のを作りたくても絶版で「Priscilla~No.3」に似ているのが載ってるのを知って本を探していたら結構簡単にPDFで見つかりました(笑)。著作権が切れているのかタティングに限らず古いパターン集がたくさんあるサイトなので見つけたらお得かも。でも「Priscilla~No.2」は内容ほぼ同じで復刻されているし、詳しい事はわからないのでURLは控えますね。
本ならebayで落札が手っ取り早いと思います。

拍手ありがとうございました!


スポンサーサイト

励みになります! ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村
* Category : 雑記
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

No title * by ポメマル
ユニークなデザインですね。
これだけだとウサギさんのようです。
100番は細すぎてまだ未体験です。絹糸からみたら100番が太く感じるんですね。これなら編むのも怖くないかも。
ほどくときに切れてしまいそうです。
黒で編んでたテーブルセンターが完成しました。黒は目が見にくくてなかなか進みませんでした。
色糸は入手不可なのでどこまで編めるかでしたがなんとか形になりました。
先ほど記事にしましたので良かったらご覧下さい。

Re: ポメマル さん * by Alice*Alice
ホントだ、ウサギみたいですね。「試作」としか見てなかったので、言われるまで気付きませんでした。

100番が太く感じるというか「もっと細いと思っていたのに」と言う方が正しいかもしれません。絹糸よりは糸がしっかりしているのでその所為かもしれませんね。おかげで細糸気合いが抜けてしまいました(笑)。
聖光院先生のドイリーで70番→100番と段階を踏んでチャレンジして、100番は一度切ってしまった覚えがあります。今度はそんなことが無いようにしないと!

モチーフと空間でできたデザインが素敵なテーブルセンターです~!
糸、形にするのに少しだけ足りない…なんて状況にならなくて良かったですね。
あんなテーブルセンターを見ちゃうと、今試作中のドイリー(あれ?サイズ的にこれもテーブルセンター?)を試作じゃなくて本番用にしてしまいたくなります。

はぢめまして * by ママちん
はぢめまして。タティングレースを始めたくていろいろネットなど捜してここにきました。シャトル買ったものの…糸すら巻けません…かぎ針レースは下手くそながら楽しんでやっていますがシャトルを使ってできるのか不安です…

Re: ママちん さん はじめまして * by Alice*Alice
はじめまして、いらっしゃいませ。
タティングはダブルステッチができればいいので、かぎ針レースより覚えることは少ないのでは…と個人的に思っています(笑)。
シャトルへの糸の巻き方を簡単にUPしてみました。ダブルステッチのやり方は動画がありますので良ければ御覧下さい。
リングやチェインの記事は残念ながらまだ用意していないので、見たらすぐ作れるというわけではないんですが…。
不安になるほど構えなくても大丈夫ですよ!

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。