123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

励みになります! ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2009-01-25 (Sun)
アンティークのシャトルを見ていると、こんなシャトルでタティングできたらなぁ…と思うのですが高嶺の花すぎます。仮に手に入れることが出来たとしても、もったいなくて使わないでしょう(笑)
クロバーの2個セットの方も持っているのですが、やっぱり普段使いにはもったいないなぁと思ったりして、カラーのをこんな風にしちゃいました。

DSCF3861.jpg

味気ないシャトルもなんとなく華やかに変身。
筋彫りをして色を溝に落としているので柄に飽きても変更できないのが難点です。でも、ペイントで柄が削れちゃうのも嫌だしね。因に色はアクリル絵の具を使ってます。ペイントしている方は画材は何を使っているんでしょう…。色が削れたりしないんでしょうか。
彫りの技術(とそれなりの道具)が無いためかなりガタガタなのがアレな感じです。道具も小学生から使っている彫刻刀ですよ。一回も研いでないわ、刃こぼれしているわで、そんな道具でよくやる気になったもんだと(笑)。
もっと細かく彫れる道具(と技術)があればもう少し凝ったデザインにしたかったんですけどねー。

ピンクのシャトルはLuckyCloverを作っている時に角を折ってしまった為、ちょっと他のと比べて短いです(耐水ペーパーで研磨しました)。その為、最初の実験台になりました。成り行きで彫っていったのでまとまりのない感じに。当たり前ですがアシンメトリーな方が彫るとき気が楽でした。でもシンメトリーなデザインばっかり考えちゃう。
スポンサーサイト

励みになります! ランキング参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村
* Category : 雑記
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。